アルバイトで楽しんで

最近のアルバイトをやる子達は弛んでいる!なんてことをよく耳にしますが、それって私たちの若い頃もそんなもんでしたよと言いたくなります。人間は大人になると自分が若かった頃のことをどうも忘れがちになってしまい今の若い子に八つ当たりまがいな態度をとってしまうのですね。

確かにふざけてアルバイトをしていること見かけたことはありますが、それはまだ若いから、そういったことを踏まえて大人になり、そしていつの日かアルバイトで培った経験などを生かして人間は成長して行きそして大人になるんだと思います。だからアルバイトのときは楽しむのがいいのです。

[PR]
# by maahasa5 | 2014-06-28 13:22

無理してない?

息子は大学生なので、アルバイトをしています。
親からのお小遣いでは足りないでしょうし、私も大学生になったらアルバイトをしていました。
でも、最近息子はアルバイトを入れ過ぎではないか?と思います。

サークル活動が遅くなると先輩の下宿に泊めてもらうことも多くなり、疲れた顔で帰ってくると、 2時間ほどして「行ってきます」と言ってアルバイトへ行き、午後10時半頃再び帰宅します。

身体を壊して、大学の講義に出られなくなってはいけないので注意しました。
わかったとは言っていましたが、よく聞けば、息子は現在借りている奨学金の返済の為に貯金をしているとか。
気が早いというか、見かけと正反対で心配性というか・・・。

奨学金は就職してから返し、今はアルバイトは程々にして欲しいです。
[PR]
# by maahasa5 | 2014-05-01 09:13

体力的に厳しかったコールセンターのバイト

私は大学時代やフリーター時代があるので、色々なアルバイトを経験してきました。一番自分に合っていたのはコールセンターバイトでの発信業務です。私は初対面の方でも気兼ねなく会話できる性格なので、コールセンターのように初めての場面であっても、臆することなく業務に従事していました。

このように自分に向いているアルバイトがあった反面、厳しかったと感じたアルバイトもあります。それは引越しのアルバイトです。私はあまり体力に自信が無いので、それがいけなかった気がします。やはり自分が出来そうだと思ったり、自分の性格に合うなど、マッチしたアルバイトに取り組むのが一番だと思います。

これまでのアルバイト経験の中で印象に残っているのは、ドーム内の清掃業務です。これは友人から誘われて始めたのがきっかけです。ちなみにドームは誰もが知っているものです。例えば野球やサッカー、コンサートなど、幅広く利用されています。

特に野球のシーズンが始まると数万人単位での来場者になりますので、ゴミの量も多くなります。すると思うように作業が捗らず、残業することもありました。

それでも同い年くらいの学生が多く居りましたので、友達はたくさんできました。またスポーツやコンサートなど、仕事中に無料で見られる点は良かったです。
[PR]
# by maahasa5 | 2014-04-29 12:10

現場によって忙しさのバラつきがあるアルバイト

登録制のアルバイトの中で、最近多い仕事は引越し業務です。これはシーズン的なこともありますが、意外と楽な場合もあります。例えば訪問した顧客の荷物が少なかったり、階段が無かったりなどの場合は、あまり体力を消耗せずに仕事ができます。

その一方で厳しい現場も存在します。例えば二人家族や三人家族なので荷物は少なそうだと思ったところ、とてつもない量の荷物という場合はあります。またエレベーターが付いていないタイプのマンションだと、一階から五階くらいまで荷物を持っての上り下りは、結構脚に負担が掛かります。

このように引越しのアルバイトは、現場によって忙しさにバラつきがあると感じています。
[PR]
# by maahasa5 | 2014-04-27 09:38

アルバイトは進路決定に役立ちます

私は高校生の時にたくさんのアルバイトをしていました。

同じ分野のアルバイトではなく、色々な分野のアルバイトをしていました。

倉庫の片づけのような肉体労働から、簡単な事務作業と言った頭脳労働まで、分野にこだわらずアルバイトをしていました。

アルバイトをする事によってお金も手に入りましたが、同時に将来の進路を決めるのにも役立ちます。

実際にアルバイトで働いてみる事で自分にはどんな仕事があっているのかが分かり、適切な進路を選択する事が出来たのです。

若い頃の苦労は買ってでもしろと言う言葉があるように、若い頃は色々なアルバイトをして人生経験を豊かにした方が良いと言えます。


[PR]
# by maahasa5 | 2014-04-25 15:01